動画制作に便利なアプリを徹底比較

アプリで動画制作を行おう

>

見てもらいやすい動画

カット機能が備わっているのか

作成を続けていると、いらない部分が見つかるかもしれません。
その時は、遠慮せずにカットしてください。
余計な部分があると、長くてつまらない動画になってしまう可能性があります。
みんなに見てもらえる動画を作るなら、1分半から2分を目指しましょう。
それ以上になると長いので、見ている側が疲れるかもしれません。

また1回カットしたけれど、やっぱり必要だと考え直すことがあります。
その際は、やり直しができるアプリだと安心ですね。
何回も動画をやり直せるので、軽い気持ちで編集できます。
編集中に良いアイデアが浮かんだら、とりあえず作業してみましょう。
もし気に入らなければ最初からやり直して、今度は異なる作業をすれば良いだけです。

簡単に動画を作成できる

アプリには、最初からテンプレートが入っているものがあります。
テンプレートに動画を当てはめることで、簡単に華やかな動画を作ることができます。
初心者は、動画に対するイメージが全く生まれないかもしれません。
ずっと考えていても時間が経過していくだけなので、テンプレートをうまく活用してください。

困った時のために、テンプレートがたくさん用意されているアプリを使うと良いでしょう。
シンプルなテンプレートからカラフルなテンプレートまであると、ビジネスでもプライベートでも動画作成をする際に役立ちます。
ビジネスで動画が必要になったら、あまり派手でない方が良いでしょう。
シンプルなテンプレートを使って、綺麗に動画をまとめてください。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる